情報処理技術者試験合格まで必要な膨大な勉強時間を劇的に短縮できるサイト「IT用語辞典」とは?

情報技術者試験 IT用語辞典とは? アプリ・サイト

ITが進歩する中で今、「情報処理技術者試験」という資格を受ける方が増えています。IT系の唯一国家資格である「情報処理技術者試験」ですが、ITということだけあって、難しいです。


専門用語がたくさん出てきて、初学者には大変な資格です。独学だと結構苦労する場面も多く、勉強時間も膨大なものです。

専門用語だけでも分かれば勉強がしやすくなるのにな…




そこで、


お金をかけずに試験合格までの勉強時間を劇的に短くしてくれるおすすめサイトを本日は紹介します。このサイトはIT技術の講師を以前やっていた方が作っているもので、IT用語を勉強するには持ってこいのサイトです。


IT業界のプロが運営するサイトです。試験だけに留まる話ではないので、ITのことをたくさん知りたい方は見ものです!


スポンサーリンク

情報処理技術者試験とは?そしてその驚くべき勉強時間とは?

パソコンにコードが入力されている




情報処理技術者試験とは何なのか?


経済産業省が実施する、情報処理に必要な知識やネットワークエンジニアとしての知識が一定以上あるか認定するための資格です。”


IT系ではこの情報処理者試験だけが国家資格となっています。情報技術者試験は「情報処理技術者試験」という資格ではなく、その中で12種類の資格に分別されています。


~情報処理技術者試験12の試験~

ITパスポート、情報セキュリティマネジメント試験、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験、データベーススペシャリスト試験、プロジェクトマネージャ試験、システム監査技術者試験、エンベデッドシステムスペシャリスト試験、ネットワークスペシャリスト試験、ITストラテジスト試験、システムアーキテクト試験、ITサービスマネージャ試験



上記が12の試験の名前です。


各資格で難易度違います。また、これらの資格はITの知識だけではなく、経営戦略やマネジメントといった経営や業務に関わるようなことも出題されます。実際に仕事に活かす前提で出来た資格でもありそうですね。


情報処理技術者試験の各試験を図でも示したのでこちらも参考ください。↓


情報処理技術者試験 表
情報処理技術者試験 各試験早見表




レベル1の「ITパスポート」はよく聞いたり、目にしたりすると思います。そうです!「ITパスポート」は情報処理技術者試験の中にあったんです。社会人全員が対象となる資格が「ITパスポート」です。まずはこれから取得するのをおすすめします。


ただこれらの情報処理技術者試験、初めにもお伝えしましたが、国家資格なので難易度は高いです。レベル1でもIT初学者には大変きつく、勉強時間も膨大なものです。


その勉強時間なんと…

200時間~



人によっては300時間必要という方もいるので、200~1000時間の間で見ておくといいでしょう。


私、初めて勉強するのに普段の仕事もしないといけない!不安だし、そんなに時間確保できるかわからないよ~(>_<)


普段のお仕事が忙しい中での、資格取得って大変ですよね。しかも、独学でやろうと思うと余計につらいと思います。せめて資格の本に出てくるIT用語がわかればスムーズに勉強できるのではないか?と思った方も多いかもしれません。


そこで本日紹介する「IT用語辞典」は大変便利です。これを併用しながら資格勉強すれば勉強時間短縮はもちろん、試験合格の道のりが短くなりますよ! その概要を次の項目でお話しします。


スポンサーリンク

情報技術者試験の勉強時間も劇的に短縮!「IT用語辞典」とは?

IT用語 動画辞典 ホーム画面
IT用語辞典 より引用




IT用語辞典」とは、名前の通り、IT業界で必要なIT用語を動画で調べれるサイトです。


その概要を説明した動画があるのでまずはこちらをご参考ください。


【IT用語 動画辞典】情報処理技術者試験/高校情報科/CCNA・CCNP対応  IT教育系YouTuberがコラボ作成!
IT用語辞典 より引用




サイトでは情報処理技術者試験に出てくる情報や用語を幅広く取り扱っており、その数なんと1000個を超えています。また、魅力なのはそれらを解説するものがテキストではなく、動画であるということ。


テキストで得られる情報量と動画で得られる情報量ではかなりの差があり、数字で示すとなんと 5000倍 です‼



目で見ながら、耳で聞きながらなのでそういう意味でも理解度は上がりそうですよね。


では、どんな方におすすめか?

✓情報処理技術者試験に合格したい!

✓情報処理技術者試験合格までに必要な勉強時間を短縮したい!

✓ITに関しては初学者で独学では厳しい




IT初心者でも理解でき、最短ルートで情報処理技術者試験の合格を導いてくれるサイトがこの「IT用語辞典」でしょう。


また、情報処理技術者試験以外のことも解説しており、CCNAやCCNPやネットワークスペシャリスト試験といった高難易度試験についても勉強できます。


なぜ、そこまで幅広く勉強できるのかというと、IT系YouTuberとのコラボがかなり大きいです。その名は「まさるの勉強部屋」です。こちらのYoutubeチャンネルとのコラボが実現したことでそれが可能になりました。


「まさるの勉強部屋」においてはネットワーク系の用語を基礎から実務に役立つレベルで解説中です!情報処理技術者試験を超えて、いろいろ知識を身につけたい方はこちらのチャンネルも要チェックです。

※CCNA・CCNPについては次の項目をご覧ください。



では、IT用語辞典の3つの魅力を話していきます!



1.サイトオリジナルの検索エンジンがある。

IT用語辞典の検索エンジンにCSSと入力した時の様子



調べるサイトとして利用できるわけですが、「検索エンジン」と「索引検索」が選べます。1000を超える用語をこれらの検索ツールで調べることができます。おすすめは「検索エンジン」です。


IT用語辞典のサイトを開いた状態で勉強をすることです。勉強してて分からない用語が出てきたときに「検索エンジン」を使って検索をかけて、その用語に関する動画を見て、理解していくというやり方がおすすめです。



2.動画が一つ一つ丁寧

各動画で出てくる用語を1つ1つ丁寧に解説




中の動画がまた素晴らしい。すごく細かく丁寧です。分からない用語を調べるために動画を見ると思いますが、そこでも確実に別のIT用語が出てきます。それの意味もお伝えしながら、知りたい用語を解説してくれます。


用語を理解しやすくするための工夫もまた魅力です。情報が入ってきやすいように調べたい用語に関する前置きを話してくれます。前置きをしてくれることで通常の3倍ぐらいは理解度が変わってくるでしょう。



3.例題や試験問題の紹介もあり

動画で実際の問題を解説している
動画で解説中の様子




動画の中には、実際の試験問題を例に説明をしてくれているものもあります。これは試験を受ける側からするとありがたいです。用語を覚えたところで、試験で活かせないと意味ないですしね^^;


動画を拝見すると左に実際の試験問題、右に解説といった感じのレイアウトが多いです。色や図を用いて説明してれるので初学者の方にもおすすめ。もちろん、情報技術者試験の実際の試験も解説してますよ!


スポンサーリンク

難易度大の資格「CCNA」や「CCNP」についても触れる

CCNA CCNP




CCNAはシスコシステムズ社が実施するネットワークエンジニアの技能を認定する試験です。シスコが取り扱う商品の技術力の証明やネットワーク技術の基礎を持つことの証明にもなるのでこの資格取得を目指す方も結構いらっしゃいます。

※CCNA= Cisco Certified Network Associateの略。シスコ技術者認定者試験の5つのグレードのうち、レベル2の試験である。



ネットワークに関する資格の中では最も有名なもので、世界共通の資格です。試験は1000点満点で800点以上が合格となります。


ネットワークの仕組みや専門用語、コマンド、シスコのオリジナル機械…など何から何まで覚えるのが大変なのがCCNAですが、おすすめなの勉強法が実機を使っての勉強です。この実機を実際に触りながらの勉強の方が理解度はかなり上がります。


ただ、実機を家に置くことはかなり無理に近いです。

そこで!



「IT用語辞典」の出番です!




IT用語辞典で紹介している「まさるの勉強部屋」ではこのCCNAについても動画で解説してくれています。


まさるの勉強部屋 
まさるの勉強部屋




CCNAの丸暗記は正直大変です。しかも、暗記するだけではなかなか実務に活かすことができないのが現状です。IT用語辞典の中にあるまさるの勉強部屋では、シュミレーターツールのパケットトレーサーを使って、実際の通信の流れを実機で見ているような学習ができます。


ここではCCNAのさらに上の資格!CCNP※1やネットワークスペシャリスト※2についても解説しているので、IT用辞典と合わせて、「まさるの勉強部屋」も併せてブックマーク(チャンネル登録)しておくといいでしょう。


また、CCNAは情報処理技術者試験よりはるかに難しいです。用語も覚えながら、練習問題をひたすら解くことしていったほうがいいでしょう。売れ筋ランキング1位の本も一冊持っておくと心強いですよ!

>> シスコ技術者認定教科書 CCNA 完全合格テキスト&問題集[対応試験]200 -301


※1 CCNP…CCNAのワンランク上の試験。Pはプロフェッショナルを意味する

※2 ネットワークスペシャリスト…情報処理技術者試験の1つで、一番難易度が高いレベル4に属する。


スポンサーリンク

情報処理技術者試験合格に王手!IT用語辞典とセットで利用すべきものとは?

今持っているテキスト・教材にIT用語辞典を活用すれば、情報処理技術者試験の勉強時間は確実に短縮でき、効率の良い勉強ができるようになるでしょう!


でも、そもそも使っている教材に不安はありませんか?

せっかく用語を理解し始めたけど、試験合格のための手ごたえが足りない…

演習と根本的な理解が全然足りない…



そういった方は講座の利用をしましょう。演習と深い理解ができるようになります。中でも学校に通わなくてもいいオンライン講座は特におすすめ。


IT関係の資格を取り扱っている講座があるオンライン資格講座といえば、STUDYing(スタディング)です!


スタディング ITパスポート講座 紹介
STUDYing(スタディング) より引用




難易度レベル1にあたるITパスポートを始め、基本情報技術者試験、応用技術者試験の講座があります。これらの資格を取得したい方はこちらの講座も受講するとなおいいでしょう^^


無料講座のお試しが公式サイトでできるので一度お試しください。

>>STUDYing(スタディング)


情報処理技術者試験の勉強時間を半分にしたい方は「IT用語辞典」のブックマークは必須‼

仕事もやりながら、試験勉強は大変ですよね。勉強時間を確保するだけでも大変なのに分からない用語がたくさん出てくると本当に余裕がなくなると思います。そうならないためにもこのサイトのブックマークはおすすめします。


あとここだけの話、
このサイトで出てくる情報って、もともと“有料”だったんです!

その有料級の情報が今は“ 無料 ”で見れるのです。しかも、解説している方はIT業界のプロで、情報処理技術者試験にもいくつか合格しています。質も大変良いのです。


無料の文字を指さす



もう、あなたはブックマークボタンを押すだけ。パソコン、スマホそれぞれでこのサイトをブックマークしてしまえばあなたは試験合格まで無双状態が続きますよ‼

>>IT用語辞典



<<報告>>

企業さんから被リンクをいただきました‼資格に特化したサイトで、資格のことや最近需要が伸びている在宅ワークのことがたくさん記載されています。


自分の市場価値を上げたい‼自分の収入やスキルを上げていきたいと思った方はぜひブックマークされてください。

>>気になる資格がみつかるサイト『資格Hacks 』




最後に本日紹介した『IT用語辞典』を制作した方のプロフィールを紹介します。本文でもお話ししてますが、“ 実力は本物です。” 



【制作者様情報】

サイト制作者名突破口ドットコム
公式サイトIT用語 動画辞典
YouTubeチャンネル

情報処理技術者試験対策の突破口ドットコム

まさるの勉強部屋

実績

・職業訓練 IT技術の講師(一人当たり受講料20万円の講座を担当)

・大手SI企業(東証一部上場)のプロジェクトマネージャ経験

・経営コンサルタント 神田昌典 認定

・次世代ビジネス実践会認定・事業創造コーチ資格

・経営者として事業を立上げ日本テレビ等の人気番組で紹介される

・プロジェクトマネージャ試験、システムアーキテクト等々多くの資格試験に合格



コメント

タイトルとURLをコピーしました