初心者ライターおすすめ!クラウドワークスとは?どんな人に向いているか?

クラウドワークスとは? ブログ

CMや広告で知名度上昇中のクラウドワークス!テレビCMだと仕事を依頼したい方が使うイメージが強いかもしれませんが、仕事を受けて副業収入を得たい方にもおすすめのサイトとなっています。


中でもライティングに関する仕事は大変豊富で、すでにライターとして実績ある方はもちろん、初心者ライターの方にも利用しやすいサイトとなっています。利用すれば毎月数万円ほどの副収入を得ることも全然現実的♪


委託型ライター業 に該当するクラウドワークスですが、そもそもどんなサイトか?また、どんな人に向いているのか本日お伝えします。ぜひ、私に合っているかもと思った方は登録して今日から仕事を探してみましょう。


委託型ライターについてはこちらに書いています。実はWebライターって大きく2つに分けられるんですよね。まだ見てない方は先にこちらをご覧ください。

>> 副業ライターには2種類ある? やってみて気づいたメリットやデメリット



初心者ライターにおすすめ!クラウドワークスとは?

クラウドワークス ホーム画面
クラウドワークス より引用




クラウドワークスは、クラウドソーシングサイトの1つで、ネットを通して、サービスや商品の売り買いを提供する場所です。ここでいう商品は『仕事』です。


この場ではクライアント(仕事を提供する人)とワーカー(仕事を受ける人)に分けられ、ワーカーが仕事を完了すると、クライアントから報酬が支払われるという仕組みになっています。


この素晴らしいサービスの中には「ライティング」のお仕事もちゃんと存在していて、そのカテゴリーも豊富です。


キャッチフレーズ・コピーライティング、名前募集、ブログ記事作成、レビュー・口コミ、記事・Webコンテンツ作成、文書作成、編集・校正・リライト、セールスコピー・セールスレター、電子書籍制作、メルマガ・DM作成、その他(ライティング)

11種類にも分けられます!(やってみたいライティングがない方は、その他(ライティング)をチェックされてください^^


実際の画面をこんな感じです!


cw ライティング仕事一覧
クラウドワークス より引用




結構幅広いですよ♪スニーカーに関する記事作成とかなかなかないんで面白そうですよね!


金額やタイトルを見て、「やりたいな。」「自分にもできそうだな。」思ったものはその募集している人をクリックして、仕事内容を見てみましょう。仕事内容のページは細かい業務内容、条件、金額、目的が記載されているので見落とすことなく、読みましょう。


では、クラウドワークスはどんな方に向いているか。次の項目で紹介します。


クラウドワークスが向いている人って?

考える女の子




クラウドワークスを向いている方がこちらです。


✓初心者ライター
✓好きな分野で稼ぎたい
✓ライター業で月1~3万ぐらい稼ぎたい
✓経験を積んで、自分のブログやサイトに活かしたい
✓自分のブログやライターの経験を活かしたい


1つでも当てはまるならぜひ1件でもいいのでやってみるといいかもしれません。では、これらを掘り下げていきます。


初心者ライター

自分でブログやサイトを立ち上げて、収益化するのは結構時間がかかります。初月からお金を稼ぎたいと思う方はぜひここでライティングのお仕事を探しましょう。初心者OKのお仕事も結構ありあますよ!また、経験を積む意味でもいいかもしれません。


好きな分野で稼ぎたい

探してみると、いろんなジャンルがあります。私はグルメや旅行が好きなんですか、それに関するお仕事も実在しました!好きや興味を仕事にしたい方はぴったり♪


ライター業で月1~3万ぐらい稼ぎたい

多額じゃなくても、いいから稼ぎたい。お小遣い稼ぎしたい方はなおおすすめ。アフィリエイトや投資と違って稼げる上限がありますが、月数万ならかなり現実的。どのくらい稼ぎたいかをしっかり考え、仕事を選んでみましょう。


経験を積んで、自分のブログやサイトに活かしたい

つい先ほども言いましたが、経験が積めます。それも加味した募集があるのも事実。Webライティングの知識が全く0、SEOとはなんぞや?と言う人はクラウドワークスを利用して、経験も積めます。+お金も入ると考えればかなり自分の為になりそうです。


自分のブログやライターの経験を活かしたい

逆にもともと経験や実績がある方は、ぜひその経験をここで活かしていきましょう。クライアント側も実績があるに越したことはないはずです。経験・実績あれば条件の厳しいところも契約できることがあり、報酬もたくさんもらえるかもしれません。


1つでも当てはまった方はまずはクラウドワークスを登録して、お仕事を軽く探してみましょう。なぜもっと早く登録しなかったんだろうと思うぐらい、あなたにぴったりのお仕事が見つかるかもしれません。また、ライティング以外にもバックオフィス業務や軽作業系のお仕事もあるのでそちらもぜひ見て欲しいです。


実際探してみると、報酬パターンが3つあることが分かると思います。その内容は次の項目でお話しします。


報酬パターンは3つ

報酬のパターンは全部で3つあります。
プロジェクト形式・タスク形式・コンペ形式です


報酬パターン




プロジェクト形式は募集している仕事=成果物に対して報酬を支払う制度です。ほとんどが仕事内容や報酬を契約前に契約前に確認・相談し、業務終了後に確認した報酬をクライアントが支払うものとなっています。


この固定報酬制はさらに2つに分けられ、固定報酬制と時間単価制があります。固定報酬制はあらかじめクライアントが指定した報酬を支払うことが多いです。(例えば1記事=2000円とかです。)文字単価で募集しているところもあります。


次にタスク形式。これはクライアントがワーカーの選定や交渉をすることなく、大量に仕事を依頼したいときにやる形式です。アンケートやモニター、簡単業務が多いです。クライアントの選考も通りやすいことが多い。1日500円~1000円など、お小遣いぐらいの副業を考えている方におすすめです。


最後にコンペ形式。クライアントが制作物の提案をしたい時にする形式です。例えばお店の名前やデザインの募集をしたとしたら、その中でクライアント良いと思った作品(ワーカー)にその完成度に応じた報酬を支払うということです。得意分野があるや発想力がある方におすすめです。

副業ライターとして、安定的にかつほどよく稼ぎたい方は「プロジェクト形式」をおすすめします。既にいい仕事を見つけている方はしっかり仕事内容に目を通し、応募してみましょう。


応募の流れ

応募の流れについてはクラウドワークス公式サイトの「はじめての方へ」に記されているのでぜひそちらをチェックをされてください。


クライアント・ワーカー それぞれ納品までの流れ
クラウドワークス より引用




ワーカー側視点だと、「仕事を探す」→「仕事に応募する」→「契約」→「仮払いを確認して、業務をはじめる」→「納品する」→「報酬を受け取る」→「評価する」→「取引完了」となっています。



cw ライティング仕事一覧
クラウドワークス より引用




再度、実際の仕事一覧を掲示しましたが、自分にもできそうな仕事・やりたい仕事を探します。報酬金額・ジャンルもチェックし、気に入ったものがあればその仕事をクリックして、詳細を見ましょう。詳細を見て応募としたいとなれば、一番下にある「応募画面へ」をクリックして、応募してみましょう。


応募ボタンを示す クラウドワークス仕事詳細内
クラウドワークス より引用




仮払いは契約をするうえで非常に重要なものです。仕事をする前にクライアントが仮払いをしたこと確認してから仕事を始めましょう。ワンポイントアドバイスとして、中には仮払いせずに契約しようとする怪しいクライアントもいるのでこちらは要注意ですね!


クラウドワークスで副業ライターとしてデビューしよう!

副業をするにあたり、候補として今クラウドワークスをお考えだと思います。クラウドワークスは副業初心者にはもちろん、初心者ライターにもおすすめです。


ライター業としてブログだと全て自分で考え、そして稼ぐためにどうしたらいいかを考え続けなければなりません。クラウドワークスの場合、一度契約して無事納品が完了すればお金を稼ぐことができるのです。しかも、その納品までにライターの経験も積めちゃいます。


より確実に収入を得たい、ついでにライターの経験を積みたいと思うならぜひ登録して仕事を引き受けてみましょう。

>> クラウドワークス



コメント

タイトルとURLをコピーしました