WordPress バックアップ方法 WordPress5の更新に備えよう‼

更新に備える! WordPress バックアップ方法  ブログ

超有名なCMSといえばWordPress(ワードプレス)。こちらでブログやサイトを運営している方は多いはず。私もWordPressを使ってブログを運営しています。


でも、このWordPressを運用していると、「更新してください」の案内がしょっちゅうきます。この更新した時にデータが全て消えてしまったというトラブルをよく聞きます。


1年以上続けたブログのデータがすべて飛んだ‼
考えただけで怖いですよね…


そうならないためにバックアップ作業が大切です。本日は更新の時に大切なデータを消さないためにプラグインを使ったWordPressバックアップ方法をお伝えします。画像をたくさん使ってお伝えするのでぜひ参考にされてください。


最新のWordPressで充実したブログ運営を実現していきましょう‼


スポンサーリンク

WordPress バックアップ方法 WordPress5の更新に備えよう‼

WordPress(ワードプレス)をやっていると、以下のような更新案内がくるのできたらバックアップをしましょう。


Wordpress 今すぐ更新の案内



データをバックアップしましょう。とWordPress側からもお願いされるのでぜひバックアップをしていきましょう。では、今からプラグインを使ったバックアップ方法をお伝えします。

プラグインを使ったバックアップ方法



まずは、プラグインをインストールしましょう。WordPress編集画面の「プラグイン」→「新規作成」をタップし、検索画面に「BackWPup」と入力しましょう。すると、以下のようなプラグインが見つかると思うのでインストールしましょう!



BackWpup が検索結果に表示されている
BackWpupへようこそ



インストールしたらさっそくバックアップの準備をしていきます。


WordPressのメニューにインストールした「BackWPup」があると思うので、そこの「新規ジョブを追加」を選択します。


新規ジョブ追加




追加ボタンを押したら、バックアップ内容を設定していく画面になると思うので各項目編集していきます。


まずは、「一般」を設定します。ジョブ名はお好きな名前で書いてもらって大丈夫です。「このジョブは…」というところに3つチェックが入っていますが…実際には「データベース」「ファイル」「プラグイン」その他…と書く内容ごとにジョブを作成するのが良いです。特にファイルは容量が膨大なのでこちら単体で作るのが良いです。


バックアップするデータの選択画面




「このジョブの名前」「このジョブは…」の編集が終わったら一番下にある保存ボタンを押しましょう。


続いて、一般の隣にある「スケジュール」を設定します。


バックアップスケジュール設定




一番上の「ジョブ開始方法」が「手動」になっているので「WordPressのcron」に替えます。それをすると、実行時間のスケジュールが設定できるようになるのでそこを編集していきます。


「スケジューラーの種類」を基本にします。「スケジューラー」は初めはおそらく「毎日」になっていると思うのでこれをお好きなスケジューラーにし直してください。ここを設定すれば定期的に更新をしてくれます。終わったら、保存ボタンを押しましょう。



では、ここからはバックアップしたいデータで内容が変わるので「ファイル」のバックアップを例に次の項目を設定してきます。


「スケジュール項目」のお隣に「ファイル」という項目があると思うのでそこを設定していきます。


保存先・保存形式設定




アーカイブ形式は「Zip」、バックアップファイルの保存方法は「フォルダーへバックアップ」を選択します。メールはWordPress初期設定で登録したメールアドレスが表示されるのでそのままで良い方はそのままで良いと思います。


終わったら保存を押しましょう。


最後は「宛先:フォルダー」の設定となります。表記されているようなデフォルト設定でもいいですが、「ファイルの削除」は減らしてもいいかもしれません。書いている通り、フォルダーに保存するファイル数なのでこの数字があまりにも大きいとフォルダは当然重くなるでしょう。



データバックアップ 保存先の設定




終わったら「変更を保存」で保存しましょう。以上、設定が終わったのでバックアップを手動でやっていきます。WordPressメニューのBackWPupをタップするとBackWpupのホーム画面になるのでそこの「作製したジョブを実行」をクリックします。


作成したジョブを実行を選択 赤枠で囲っている



ジョブ実行画面 今すぐ実行ボタンをタップする前




開いたら、「今すぐ実行」をクリックして、バックアップを始めましょう。バックアップを始めると、以下のようなゲージが出てきます。ファイルは量が多いと思うので少し時間がかかります。終わったらダウンロードできるので必要な方はダウンロードしていきましょう。


バックアップ開始の時の画面




以上、WordPressプラグイン「BackWPup」を使ったバックアップ方法でした。実はWordPressでバックアップする方法以外にもサーバーのオプションを使ってバックアップするという方法もある。私がさくらのレンタルサーバを使っていますが、さくらにもバックアップのサービスは存在します。↓


バックアップ&ステージングの案内
さくらのレンタルサーバ より引用




さくらレンタルサーバーに限った話ではないので、自分が使っているサーバーにバックアップオプションがないかぜひチェックしましょう。


ちなみに私が使うさくらレンタルサーバーについてまとめた記事もあるのでこちらもご参考ください。





乗り換えを検討中の方はさくらはおすすめなのでぜひ候補に入れられてください^^


スポンサーリンク

WordPress5で充実したブログ生活を送ろう‼

最新WordPress5にして充実したブログライフにしていきましょう!ちなみにWordPress5に更新すると、編集画面はこんな感じになります。


ブロック検索の+ボタン
ブロック検索機能




左上の方に+ボタンが加わったのが大きな特徴。そこから使うブロックを検索して選べるようになりました。使ってみて思うのが特に大きな変更はなく、使いやすいです。ただ、ブロックの「テーブル」が今までのようにできなくなりました(^_^;)


②機能や質が落ちるということは一切ないのでバックアップをしてぜひ積極的に更新していきましょう。


WordPressは素晴らしいです。一からhtml、cssコードで画面を作らなくてもいい。プラグインもあります。ベースが出来上がっているのできれいに仕上がります。見てる読者も気持ちいいでしょう。あとは以下に読者に見てもらえるかということを考えるだけで良いですしね!


見てもらうためにも検索エンジンからのアクセスアップ法(SEO対策)をすることはおすすめします。私が過去にSEO対策についてまとめた記事があるのでよかったら以下の記事を参考にされてください。↓




アクセスアップを成功させて、これからのブログライフを成功させていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました