新聞紙を使った窓掃除のやり方を画像を使って解説!3つのメリットも伝授!

窓掃除 日常・その他

洗剤やケルヒャーを使えば確かにきれいになりますが、費用が掛かりますよね。特に春や夏は汚れやすいから頻繁に掃除しないといけません。


そこで大変身近にある新聞紙を使った窓掃除の仕方を本日はお伝えします。新聞紙での窓掃除って意外ときれいになるんです!また、もともと新聞をお持ちの方は追加費用で0円でできますよ!

スポンサーリンク

新聞紙を使った窓掃除のやり方を画像を使って解説!

本日の主役…

新聞紙!!



束になった新聞紙




新聞紙で掃除すると、洗剤なしで劇的にきれいになります!それは本当なのか、画像を交えながら説明していきます。



スポンサーリンク




用意するものは新聞紙、そして水(水道水)です‼そう、たったこれだけでかなりきれいになります。


コップから溢れる水




やることはただ1つ、
新聞紙を水で濡らします!!


新聞紙を濡らしているところ
濡らした新聞紙を4つ折り




濡らしたら、雑巾ぐらいの大きさにしっかり畳んであとは拭くだけです。水以外何も必要ありません。みるみる汚れが拭き取れますよ♪


新聞紙で窓を拭く




最後に乾いた新聞紙で乾拭きしてあげるだけでOKです。新聞紙で掃除する前と後の画像がこちら↓


【前】

汚れた窓



【後】

拭き終わった後の窓




こんなにも変わります。
新聞紙さえあればできるのでぜひチャレンジされてください。


スポンサーリンク

新聞紙で掃除する3つのメリット

メリットは3つ‼


追加費用が掛からない(0円)
洗剤負けしない
拭き終わったあと、毛くずがつかない。



①追加費用0円
そう、新聞紙をもともと持っている方は追加料金0円です。新聞紙がない方も人からもらうことだってできます。洗剤やケルヒャーを買う必要ありません。


¥0




②洗剤負けしない
洗剤を使わないから、洗剤負けしません。使う液体は水だけ!手がデリケートな方にはおすすめです。


③毛くずが残らない。
雑巾とかで拭くと毛くずが残って、窓拭いた後もイマイチきれいになったきがしませんが、新聞紙での掃除はその心配は不要。毛くずは残りません。




スポンサーリンク

窓掃除は新聞紙が一番!!

タダで簡単に、きれいに掃除できるのが本日紹介した新聞紙です。


“新聞紙を水で濡らして、窓を拭く‼”
たったこれだけです。


道具そろえる前に、まずは新聞紙で一度お試しください。


同じく道具がいらないシリーズで下記の記事も過去に書いてます。併せてご覧ください。結構目からうろこな情報です。



雑学はあるに越したことないです。自分のためにもいろいろ知っていきましょう^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました