人生がうまくいく人が率先してやっているたった一つのこととは?

男性2人が外で座って話している 全ての投稿
Kevin PhillipsによるPixabayからの画像




居酒屋で経営者の方と話す機会があって、本日のテーマに関する会話ができたのでその内容と思ったことをお伝えしたいと思います。



スポンサーリンク

結論:今の世の中、情報をたくさん持っている人が強い。



ご存じの方が多いと思います。




というよりは、できる方うまくいっている方は自然とそうしていると思います。私もまだ全然ここが甘い部分なので、情報にもっと貪欲にならないとなと思っています。








本日、この内容を書いてますが、テーマにしようと思ったきっかけが経営者の方との雑談です。居酒屋で飲んでた時に横で飲んでたのでちょっと話す流れになりました。





その経営者の方は建設会社の社長で、リモートワーク(在宅勤務)も取り入れながら会社を経営されている方でした。リモートワークを取り入れてる時点でうまくやっている方だなと思いました。



自分のことや会社でどんなことをしているか聞けて、大変貴重なお時間をつくることができたなと思いました。その社長さんはよくこういう飲みの場や人がいる場所には行くよと言っていました。






理由は

飲み🍺が好き




だけでなく、他にございました。


友人、人脈づくり

です。




仲良くなりたいってのも言ってました。それ以外にも… そこから仲良くなって、会話の中で聞ける情報は新鮮で、貴重である というようなことも言っていました。






そうです。そうなんです!



人から聴ける話って、タイムリーなうえ、事実であることが多いので大変貴重なんです! SNSや今のメディア媒体も悪くありませんが、嘘が混じっていたり、少し遅れた情報だなってなる場合もあります。最新でかつ確実性が高いんです。(人が間違うこともありますが)



仲良くなって、遊び行ける友人をたくさんつくるのもいいですが、将来のことを熱く話したり、その人がいる現場の生の声を聴いたりする関係性をたくさんつくるってのもいいなって最近思ってます。でも、仲良くなったらそういう話も普通にしちゃうかもしれません。というよりは仲いいからつい話しちゃうと思います笑。


こういう場に意識的に行くってことも大事ですね。





スポンサーリンク









そこで得られた情報がどういいのか、改めて整理すると

①タイムリーである
②口コミである
③事実に近い



まあ、こう考えると人脈って大事しないといけないし、経営者が人脈広いのも納得はできますね(^_^;) 現場の口コミや声は本当にこういう会話でしか分からないですしね。ネットの口コミは本当なのかどうかも怪しいところ。




そういう場に行かなくていいし、情報なしでやっていけるよって思う方もいらっしゃると思いますが、、、

あるに越したことはない!




というのも、以下の欠点がなくなります。

①自分の今までの考えや視野でものごとを見たり、情報を得たりする。
②少し情報が遅れている場合がある。



特に①です。



自分がこうだ!って思ってると、やはり調べる情報の範囲は狭まるし、他のことは調べようとしない。そこで第三者からの助言や情報があるとその場で情報が入るだけでなく、今後自分で調べる情報の範囲も変化していくんです。もしかしたら、人からもらう情報が、より刺激的なものであれば、考え方を増やす大きなきっかけにもなるかもしれません(*^^*)







いろんな人と出会って、いろんな会話をしましょう。人から聴ける情報は特に大事にしたいですね。メディア媒体の情報をあてにしちゃいけないというわけではないので、メディアともうまく付き合って、上手に収集することがポイントです。




最後に

情報に 積極的に、どん欲に!




コメント

タイトルとURLをコピーしました