『らーめん おいげん』 黒いマー油が印象的 福岡市の濃厚とんこつラーメン

黒ラーメン やや左側からの撮影 全ての投稿


警固交差点近くにある『おいげんラーメン』に
行ってきました。

濃厚なとんこつスープに黒いマー油を加えた
黒ラーメンをいただきました。


黒いラーメンって珍しいですよね!
どんな味だったかお伝えしますね♪



黒ラーメン やや右側からの撮影

スポンサーリンク

入店レポート (黒ラーメンを食す)



天神駅から出発。

国体道路を歩いて15分後ほど、
現地の看板が見えてきました。


お店の看板とのぼりと国体道路を撮影した様子
四角いお店の看板 
看板メニュー『豚骨ラーメン』の写真付き!




ありました!!


国体道路の道沿いにあります。


飲み屋街の細い道に入っていく感じではないので
比較的わかりやすいと思います。



入口外観 天神駅側からお店を撮影した
入口 扉周辺の様子






おいげんだけ立体的に描かれてますね!
黒ベースの外観です。


『濃厚豚骨×煮炙り豚』の言葉が目をひきます♪


扉の右側に目をやると、
ラーメンWalkerで取り上げられたことが記載されてます。




さらに右側に目をやると、
商品の紹介の記載がございます。



入口右側に描かれたメニューとその他諸々



お店NO.1の豚骨ラーメンや中華そばなどの紹介が(^^)



今日は敢えて王道路線を外して、
インパクトの強い黒ラーメンを食べたいと思います。


スープが黒いんで珍度は高いと思います。
インスタ映えをするかはわかりませんが笑





スポンサーリンク






では、入店!



券売機 ボタンは金額と名前だけでなく、写真付き



入って右奥に券売機がございます。
ここで券を購入して、店員さんに渡しましょう。


券には商品名と麺の硬さの記載がありますが。
(やわ・ふつう・カタ・バリかたと書かれています。)



「カタ麺で。」と注文すると、
店員さんが爪で「カタ」に印をつけるというワイルドな行動を
見ることができます。


これもひとつの楽しみですね♪





カウンターに座って待つとしましょう。



カウンターの様子 つぼには高菜と紅ショウガが入ってる





カウンター席で待つことにしました。
壺には高菜と紅しょうが入ってますよ~。


お好みでラーメンにトッピングしましょう。
お水はセルフです。
ピッチャーとグラスがあるので自分で注ぎましょう。








黒ラーメンができあがりました。紹介しますね!





黒ラーメン 正面からの撮影
黒ラーメン やや左側からの撮影
黒ラーメン やや右側からの撮影



黒ラーメン 700円


存在感を放つ黒いスープ。黒い油が一部かかっているくらいだったら一風堂で見たことあったんですが、全部黒いですね(^^;) もともと下のほうには豚骨スープがあるんですが、その上に黒い油が乗っている状態です。この黒い油の正体は “マー油” です! たっぷりマー油を味わえそうですね。スープ→麺→チャーシューの順で味をお伝えしたいと思います。




黒ラーメン マー油がたっぷり入ったスープ





では、スープから


お互い異なる脂(油)なので混じりあわないですね笑 味は…すごい濃厚です。下にある豚骨スープの主張が強いです。マー油が邪魔しちゃうんじゃないかな~と心配してましたが、うまく調和してますね。スープは粉っぽい感じがないので、うまく豚骨が溶けてんだなと思いました。マー油は飲み始めより後によく味わうことができます。スパイシーなんですよ。ほんの少しピリッとした感じを体感できます。本当にほんの少しです。




黒ラーメン 麺をはしで持ち上げている様子




次に麺。思ったより、マー油は絡みません笑 
きくらげと一緒に一口目をいただきます。


「カタ」麺で注文したんですが、他のお店と比べると硬いかもしれませんんね。気のせいかもしれませんが。豚骨スープがよう絡みます。麺は細麺なんでなおさら。博多の豚骨ラーメン好きな方は行ってみてくださいね(*^^)v



チャーシュー マー油がよくからんでいる




チャーシューが良い色してるんですよ。煮て炙ってと2つの工程を踏んでるからこそ出せる色だと思います。写真だけでもわかると思いますが、やわらかいんですよね。もう理想のチャーシュー💮ですね。

味は肉の甘味を存分に引き出した感じです。調味料で味をたくさんつけたって感じではなさそうですね。炙ってるので少し香ばしいです。肉そのものの味とスープで十分ですね。





お腹も減ってたので、替え玉注文しました。
替玉120円(半玉60円)です。

思ったより多いんですよ笑 ありがたいです!


店員さんが厨房から器に向けて直接入れてくれます。
これもパフォーマンス♪



いい感じにお腹が満たされました。
行けてよかったです(*^^*)







豚骨ラーメン好きな方、

ここは比較的にお値段も安く、
アクセスもしやすいのでおすすめです。


是非、行ってほしいです♪
ランチタイムは夜よりお得なのでその時間に行くのもいいですね。




続いて、【番外編】友人が食べた
『チャーシューメンハーフ』をご覧ください。




スポンサーリンク

チャーシューメンハーフ(番外編)




友人がお隣でチャーシューメンハーフ頼んでいたので
こちらも参考にしてみてください。



チャーシューメン 正面から撮った



チャーシューメンハーフ 700円





チャーシューメンハーフ 友人がはしを添えている
チャーシューメンハーフ 真横からの撮影 
チャーシューメンハーフ はしで麺をもちあげた様子



スープだけをいただきました。

バリ濃厚です!!

マー油とかないのでしっかり豚骨を味わうことができました。
お値段的におすすめ。友人もまた行きたいと言ってました!




スポンサーリンク

アクセス方法


警固交差点から徒歩30秒ほどで現地に行けます。
警固交差点を目印に国体道路を歩きましょう。


おすすめの移動手段はバスです!


警固交差点 信号機に警固と書かれたプレートがついている
夜の警固交差点の信号の様子




お店の所在地と地図を記載しておきます。

所在地: 福岡県福岡市中央区警固1丁目13−1

Google Mapより



【博多駅から地下鉄で行く場合】
福岡市営地下鉄空港線を利用しましょう。博多駅から赤坂駅までの区間を利用しましょう。乗車時間は8分です。下車したら、2番出口か4番出口を出て、警固交差点へ向けて大正通りを歩きましょう。徒歩9分ほどで警固交差点に着くのでそこの横断歩道を渡れば間もなく現地です。全体の移動時間は17分です。


【博多駅からバスで行く場合】
警固1丁目』というバス停が最寄で、そこを経由するバスに乗りましょう。乗り場の例として、博多駅博多口にある『博多駅前A』があります。”福岡タワー行き” ”国体道路行き” になってるバスが良いと思います。乗車時間は15分ぐらいです。バスを降りたら徒歩2分ぐらいで現地につきます。

他に『警固町』というバス停もありますのでそこから下車してもすぐ行けそうです。






こちらのお店、味以外にもすごい点があります。
営業時間です。

なんと夜の4時までやってます!
(朝の4時と言ったほうがいいのか…) 


他のラーメン屋さんと比べると
あまり閉店時間は気にしなくてもいいかもしれませんね。


飲んだ後の〆にもいいと思います(´ー`)



セットメニューと営業時間について書かれたお外の看板





【店舗情報】

店名らーめん おいげん 警固本店
所在地 福岡県福岡市中央区警固1-13-1 ARK警固 1F
営業時間 ランチ:11:30~16:00
ディナー:18:00~am4:00(L.O. am3:30)
定休日:不定休

※営業日は電話(092-714-1433)やHPで確認お願いします。
公式HP https://ramen-oigen.com/
備考

・券売機での精算(前会計)

・大宰府にも店舗があります。【Map

・カウンター席のみ

・駐車場なし。最寄りのパーキングを利用するか公共交通機関を利用してお越しください。

地図

コメント

タイトルとURLをコピーしました